ブログ村

ダンナのブログ

お出かけ・旅 Feed

2017年2月11日 (土)

ただいま‼

東京2泊3日の旅から帰ってきました。

毎年恒例の『世界らん展』に加えて

今年は、日暮里探検と新宿散策。

三日間、見たい物・買いたい物・食べたい物・行きたい所を

満喫してきました。

★ 1日目

  〈 みぞれの中を日暮里探検 〉

Dsc_0737_edited

★ 2日目

 〈 新宿探検 デパートめぐり・都庁見学 〉

Dsc_0745_edited

Dsc_0751

Dsc_0759

 (職員食堂で「都庁弁当」600円也)

 〈「世界らん展」内覧会 〉

Dsc_0765

★ 3日目

      再び「世界らん展」 へ。

  すごい人出でした。

日暮里での様子は、また明日。

2016年12月 7日 (水)

ちりめん細工、見てきました。

友人に誘ってもらい

ちりめん手芸の作品展に行ってきました。

shine各月をテーマにした展示

Dsc_0506

Dsc_0505

Dsc_0504

shineつるし飾りDsc_0508

Dsc_0511

手の込んだ作品に圧倒されました。

洋裁の生地とはひと味違う ちりめんの色合いが素敵です。 

2016年11月15日 (火)

石山寺に紅葉狩り

洋裁をお休みして、気分転換に行ってきました。

雨上がりの境内は、人も少なめで

ゆっくり紅葉を楽しむことができました。

今がちょうど見ごろです。

午後からは、ボランティアガイドさんの説明を聞きながら史跡探訪。

33年に1度の特別拝観も。

英気を養って明日からまた洋裁を頑張ります。

_20161115_171024

_20161115_170850

2016年10月15日 (土)

アルペンルートで、山の魅力を発見。

JRの「立山黒部アルペンきっぷ」を使って,

アルペンルートに行ってきました。

松本市を観光して大町温泉郷で一泊。

翌日、扇沢(長野側)から、立山(富山側)に向かって通り抜け

立山山麓の温泉で一泊。

富山を観光して帰宅という行程。

出発の直前、初雪が降ったと聞いたので

急遽、フリース、ジャンパー、手袋、カイロ、

雨に備えてカッパの上下までリュックに詰め込みました。

sun 1日目の松本城

Dsc_1020_2

 sun2日目の黒部ダム、立山、ミクリガ池

Dsc_1061

Dsc_1101

Dsc_1093

 sun3日目の富山 岩瀬

Dsc_1121

3日とも快晴でした。

アルペンルートでは、軽くトレッキングすると汗ばむほどで

幸い、寒さに震えることはありませんでした。

そのかわりに、ロープウェーやケーブルカーに乗るたびに

階段や坂道を上ったり下りたり・・・。

自分の体重+リュックの重さが

じわじわ効いてきて足がパンパン。

家に帰ってからも、筋肉痛に悩まされています。

それでも、トローリーバスやケーブルカー、

ロープウェイなどの乗り物のおかげで

登山経験のない私でも

2500mの山の自然を楽しめるのには感激しました。

大満足の3日間でした。

2016年10月14日 (金)

中折れ帽で、立山黒部アルペンルートへ行ってきました。

バックルを付けて中折れ帽、完成。

実はこれ、リュックカン。

かばんのひもの長さ調節の金具です。

試しに付けたら見た目が、そっくりなのでとりあえず・・・。

12日~14日、この帽子でアルペンルートに行ってきました。

たった今、無事帰宅しました。

Dsc_1007

2016年9月24日 (土)

B.リーグ開幕戦を観戦。(滋賀レイクスターズvsシーホース三河)

スポーツ観戦は大好き。

もっぱらテレビでの応援ですが、

今日は、めずらしくバスケットの試合を見に行ってきました。

夫のおごりです。

さすがは開幕戦。

チアガールのお姉さんやマスコットキャラクターが

会場を盛り上げていました。

Dsc_0959

 (「マグニー」 目が怖い。)

P1000724_edited

肝心の試合。

観客も掛け声をかけて、選手と一緒に戦っている感じです。

ルールがわからなくても楽しめました。

接戦の末、地元のレイクスターズは負けてしまいました。

残念。

Dsc_0961

給湯器の金額には厳しいのに

楽しい事の費用には太っ腹なのが不思議です。

2016年9月15日 (木)

旅の服装   天気予報が雨だった長野編

13~14日に長野に行ってきました。

京都から名古屋へ「のぞみ」で40分弱。

名古屋から特急「しなの」で約3時間。

今回は、いつかのような

列車に乗り遅れる失態は、なし。

1日目は、善光寺、東山魁夷美術館。

2日目は、真田氏ゆかりの松代で史跡めぐり。

荘厳な寺院、美しい絵画、興味深い歴史・・・

それぞれの持つパワーに触れてきました。

美味しい蕎麦も食べて大満足。

ところで、天気予報では二日とも雨。

そうなると着るものに悩みます。

多少濡れても気にならなくて、

歩きやすくて、

気温に合わせて重ね着が出来る物。

前日、あれやこれや組み合わせてやっと決めたのに

出発の当日の朝、夫曰く

「作った洋服着てかんの。」

(※作った洋服は着て行かないのか)

えーッ、着てるんですけど~。shock

そう話すが不満げな様子。

全身作った物にすると思ったらしい。

それはかなり勇気が必要です。

大抵は、上下どちらかをハンドメイドに。

まあ、作った洋服が市販の物と見分けがつかなかった・・・

ということにしておきましょう。

幸い、2日とも傘をさすことなく過ごせたのでラッキーでした。

Dsc_0925_2

Dsc_0920_3

(両方ともボトムスが自作です。)

2016年9月 7日 (水)

行ってきました‼ 小田さんコンサート& 阪急デパートの手芸店

指折り数えて待ち焦がれたコンサート。

ライブと言わないところに世代を感じます。

着て行ったのはこのワンピース。

7月に作った物です。

Dsc_0852

久しぶりの大阪なので、

コンサート前も目いっぱい楽しもうと思って

大阪駅近くのデパートの手芸店にも行ってきました。

まずは、ホビーラホビーレ。

リバティの生地が色合いごとに整然と並んでいました。

実際に見てみると、ネットで見て想像してたのと

柄の大きさが違うものもあって

「なるほど。」と納得。

生憎、お目当てのは見当たりませんでした。

他には、青木和子さんの刺しゅうキットなど

興味のあるものばかり。

お隣の手芸セッセでは、

お洒落なボタン売り場に目を引きつけられました。

見本のボタンが、

天井までディスプレイしてあって美しいこと。

その前には、小さな引き出しに一点物のボタンが納まっていました。

生地や毛糸などたくさんあったのに、

フロアーをぐるっと回っただけ。

何も買わず、うしろ髪を引かれながら今日のメインの場所へ。

Dsc_0848

2年ぶりの小田和正さんのコンサート。

小田さん、前よりも若々しく感じました。 wink

髪型のせいかな~。

透明感のある歌声は健在。

圧倒的な声量は感動もの。

そう言えば、

私の前の席の、見かけ今時の男子( 推定20代 )が、

『たしかなこと』というバラード調の曲の時、

号泣してました。

思わず、「よかったら、ポケットティッシュどうぞ。」と

渡したくなるほど。

微笑ましく新鮮な光景でした。

午後6時30分から、約3時間。

長いけど、あっという間の心踊る時間を過ごしました。

今日も、余韻にひたりながらCDを聴いています。

2016年7月 8日 (金)

フーデッドブラウザーでお出かけ

海外竜也さんの「おしゃれ着を手作りで」を見て

いの一番に作ったフーデッドブラウザー

これを着て、昨日・今日の2日間、奈良・三重に行ってきました。

まずは、『花の郷 滝谷花しょうぶ園』。

カーナビに翻弄され、山道に迷い込みながら

やっとの事で着きました。

なのに、花の時期が過ぎていて

花しょうぶは何処にも咲いていません。

あったのは、名残の紫陽花と睡蓮だけ。

ガッカリ。

気の毒に思ってか、来年まで使える優待券をもらいました。

Dsc_0587

Dsc_0578

次は、涼をもとめて赤目四十八滝へ。

急な石段あり、ぬかるみありの遊歩道を

片道1時間ほど歩いてきました。

道を行くたび大小様々の滝。

水の流れる音、滝の水しぶき、カジカの鳴き声。

すれ違う人とのあいさつ。

汗ビッショリで、足はヘロヘロ。

滝を全制覇とはいかなかったけど

思い切り楽しめました。

Dsc_0603

Dsc_0617 

青山高原のホテルで泊まって、

今日は、伊賀上野城、忍者博物館、だんじり会館を

まわってきました。

いつもと違う時間を過ごしてリフレッシュしました。

P1020325

そうそう、肝心のフーデッドブラウザー。

車内で日射しを防ぐのや室内での冷房対策に

役立ちました。

この夏、頼りになりそうです。

2016年6月 4日 (土)

出雲大社と松江城

今日は、島根の旅行記の続きです。

ずっと行ってみたいと思っていた出雲大社。

痛恨のミスで、出雲大社の到着が4時になりました。

遅かったせいか観光客は、まばら。

ポジティブに考えるなら落ち着いて見ることが出来ました。

伊勢神宮とは、また違った雰囲気でした。

Dsc_0357

その後、玉造温泉の佳翠苑 皆美さんへ。

旅館内のしつらえ、夕食の献立、盛り付けている器

何もかも洗練されていて素敵でした。

それ以上に、印象に残ったのは、

スタッフの皆さんのきびきびした接客態度と

質の高いサービス。

心地よく感じました。

この旅館おすすめです。

二日目は、松江に行きました。

マニアではないのに、

旅先では、ほぼ100%、お城に立ち寄ってしまいます。

Dsc_0394_2 

帰りは、電車に間に合うように早めに駅で待機。

ハプニングなく無事に家に着きました。

駆け足の二日間だったので、

宍道湖の夕景、堀川めぐり、出雲そばなど

体験できず心残りです。

もう一度、のんびり訪ねてみたいと思います。

着て行ったレース生地チュニックは、

軽くてシワが気にならないので、旅行にもってこいでした。

明日から、難航しているフーデッドブラウザーの続きを頑張ります。